和彫りの「初代 彫和歌」

浅草で伝統の刺青(和彫り)を彫る「初代 彫和歌」のご案内

samplejpg

東京浅草にて刺青(和彫り)を愛して止まない「初代 彫和歌」のウェブサイトです。

全て手彫りで和彫りを中心とした刺青を手がけています。

プロフィルや作品集などご興味をお持ち頂けると幸いです。

日本は、世界でも有数の刺青(和彫り)文化を有していたと考えられています。

古くは、江戸時代。
犯罪者が多数発生するようになったため、犯罪の抑止を図る目的で町人に対する入墨刑が用いられました。 容易には、消えない入墨の特性が一般的に再認識された事で、その身体装飾への応用が復活したと言われています。

その後、背中を一枚の絵に見立て水滸伝や武者絵など浮世絵の人物の他、竜虎や桜花などの図柄も好まれたした。

今、日本で多い、「額」と呼ばれる、筋肉の流れに従って、それぞれ別の部位にある絵を繋げるアイデアなど多種多様で色彩豊かな刺青(和彫り)の技法は、この時代に完成されました。

十九世紀に入ると刺青(和彫り)の流行は極限に達し、博徒・火消し・鳶・飛脚など肌を露出する職業では、刺青(和彫り)をしていなければむしろ恥であると見なされるほどだったそうです。


この時、幕府はしばしば禁令を発し、厳重に取り締まったが、ほとんど効果は見られず、やがてその影響は武士階級にも波及して行き、旗本や御家人の次男坊・三男坊や、浪人などの中にも、刺青(和彫り)を施す者が現れるようになり、デザインにも「武家彫り」や「博徒彫り」といった出身身分の違いが投影されました。

伝統のある刺青(和彫り)をご希望の方は、和彫りの「初代 彫和歌」にお任せ下さい。